フォトジャーナリストが伝えるアフガニスタンのリアル

申込人数:0人 5

¥2,000

キャンセル手数料:20%(¥400)

09/24(金)
21:00-22:10

レッスン詳細

長年取材し続けてきたアフガニスタン。フォトジャーナリストとして僕の原点とも言える国です。米軍が撤退し、タリバンが復活して連日混乱のニュースが伝えられています。ただ、伝えられるのはタリバンが首都を占拠し、国外に脱出できない人がいるというニュースばかり。アフガニスタンってどんな国で、アフガニスタン人はどんな国民性なのか?アフガニスタンにも優しい人がたくさんいて、美しい場所もたくさんあります。そんな素顔のアフガニスタンを知ってもらうためのオンラインセミナーです。現地で撮影した写真を見ながら、既存のメディアが伝えないアフガニスタンを紹介します。また、双方向でお話する時間もご用意しています。 ※セミナー開始時刻になりましたら、ログイン後、受講予定レッスン一覧にて当セミナーページを開き、「レッスンを見る」ボタンから視聴を開始してください。「レッスンを見る」ボタンが表示されていない場合は、一度ページの更新をお願いします。

タイプ LIVE
カテゴリー 教養 その他

講師の口コミ

kame

5 2021-07-03 20:49:57

楽しく学べました。 具体的で、わかりやすかった。 気付きもあって、面白かったです。

ルドルフ

5 2021-06-30 13:19:40

2回目の受講になります。 今回は絞りとシャッター速度の関係でどのような写真が撮れるか等教えていただきました。 カメラを持っていてもなんとなくで写真を撮っていたので、このへんの言葉は知っていてもよくわからないままでした。そこらへんの知りたいことをわかりやすく解説していただけてスッキリしました! そこらへんで写真を撮りたくなります!

みさ

5 2021-07-20 19:32:08

アフガニスタンでの写真を沢山見せて頂いたり、お話も面白くてあっという間の1時間でした!写真を見て驚く事もとても多かったです。久保田先生のカメラマンへの思いも素敵でした。是非、またお話を聞きたいです。本日は本当にありがとうございました。

momoko

5 2021-07-14 21:31:23

レッスンありがとうございました。 初めての受講で緊張しましたが 内容をわかり易く、適度な時間で説明され 聴きやすかったです。 写真も素敵でした。 状況場面プラス、どういう技法での 写真かという説明も加えてありました。 コロナでzoom配信となりましたが、 映像だけでも十分伝わってきました。

NOBUKO

5 2021-07-25 17:07:58

初参加で理解不足だったこともあり、少し遅れてしまったために入室できませんでした。(10分くらい、何度か入室を試みましたが・・・・)

bokutoby

5 2021-09-05 10:35:23

とても勉強になりました!

morimori

5 2021-09-10 17:45:19

貴重な生のアフガニスタン情報を知れて参考になりました。 ありがとうございました。

Michito

5 2021-09-11 13:52:11

混迷のアフガニスタンは紛争、難民、女性の抑圧と暗いイメージが先行しますが、久保田さんの貴重な写真の数々とともに、そこに住む人々の日常生活を垣間見ることができました。普通の暮らしが脅かされている人々がいるということを、いつも胸のどこかに留めておきたいです。

HIROAKI SHIWAKU

5 2021-09-11 18:33:28

貴重なお話が聞けて良かったです!

塚本正剛

5 2021-09-04 13:22:20

日本にいると触れることのない世界の情報、特に、その世界に住む方々の日常を切り取って解説していただき、大変勉強になりました! 次回を楽しみにしています!

Manabu

5 2021-09-09 22:06:06

アフガンの国民の様子、特に子供らの環境をまたの機会に詳しくお聴きしたく思います。また、国内の産業や海外への出稼ぎなど人の往き来も知りたいところです。

Hiro

5 2021-09-10 18:01:23

テレビニュース以外で初めて、アフガニスタンのリアルなお話と画像、映像を見せて頂いてとても勉強になりました。 このような情報をもっと多くの人に知っていただきたいと思いました。 このテーマに関心ある知人は何人かいるので、また継続的にこのようなセミナーの機会を作っていただければと思います。 ありがとうございました!

URABE

5 2021-09-11 18:17:05

日本にいて、ネットに繋げばあふれ出てくるたくさんの情報。それが事実なのか、リアルなのかを見極めるには、見る側である我々のリテラシーが問われます。その一歩を伝えてくれたのが久保田さんだと感じます。 戦争を知りたいとか危険を知りたいわけじゃない。現実として起きているリアルが知りたい。そんな欲を満たせるのは、現場を知るジャーナリストしかいない。

akemi

5 2021-09-11 21:32:06

貴重なお話を、とてもいいタイミングで聞くことができ、参加して本当によかったです。身近にアフガニスタンの友人がいますので、地元の仲間たちと、久保田さんのお話が聞きたくなりました。 家族の誕生日には招待してくれて、私の大好きなマントゥを作ってくれます。今日のお話を聞きながらその民族性に共感しました。女性の人権が日本とは全く違うことが、彼女たちとよく話題になります。

nao

5 2021-09-12 17:13:22

貴重体験談ありがとうございました。 カメラの話も面白かったです。

スタジオフィールド

5 2021-09-12 19:28:13

1990年代の風景、アフガンには行ったことはないですが、 中国カシュガルを放浪したのを思い出しました! また是非是非、取材気をつけて継続してください! 仕事の方もご連絡させて頂きます。

Mari

5 2021-09-10 09:41:04

久保田さんの優しさが伝わる写真を通して、アフガニスタンの事を知らない私にも分かりやすく説明してもらえるのでセミナーがあっと言う間に終わってしまいます。 現地に行って、たくさんの体験をしてこられた久保田さんの話は伝わるものが大きいです。 ぜひ、一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

ishiitakahide

5 2021-09-25 07:10:14

大変貴重なお話を伺えてよかったです。 拝見したい人はもっと多いのではないでしょうか? NGO団体やTV局の方々にアプローチできたら良いのでは? と感じました。

講師紹介

大学で物理学を学ぶが、スタジオでのアルバイトをきっかけにカメラマンの道へ。

旅行雑誌の撮影で海外取材をこなすうちに、一人のパキスタン人と出会いパキスタンへ赴く。

パキスタンでアフガニスタン難民を取材したことをきっかけに本格的にジャーナリストとしての仕事を始める。

9・11事件の以前からアフガニスタンを取材、アメリカによる攻撃後、多くのジャーナリストが首都カブールに向かう中、タリバンの本拠地カンダハルを取材。

またパキスタンに流出する難民を取材。難民の子供たちの素顔を捉えた個展を多数開催。

以来、アジア、中東を舞台に取材を続ける。

2003年3月のイラク戦争では攻撃されるバグダッドから戦火の様子を日本のテレビ局にレポートした。

2010年戦場カメラマン渡部陽一氏と共に「笑っていいとも」に出演。

2018年内戦が続くイエメンを取材。
https://www.tbsradio.jp/225738

◎主な経歴

【写真展】

キャノンサロンにて全国展。

開催地:銀座、札幌、名古屋、福岡

2009年4月18日(土)から4月20日(月)、愛知県田原市にて2か所同時開催。
アフガニスタンの様子を時代の流れに沿って、9.11前後で会場を分ける。
第一会場:セントファーレ2F、第二会場:「道の駅」田原めっくんはうす1F

2010年10月13日~24日 いすみ市水彩ギャラリー「久保田弘信写真展」


2011年9月6日~10月2日 いすみ市教育委員会主催 いすみ市水彩ギャラリー「久保田弘信写真展」
箱根湯本ホテル 「世界の子どもたち」 
小さな絵本美術館 「戦禍の子どもたち」  

【出演テレビ】

テレビ朝日「ワイドスクランブル」イスラマバードから衛星生中継。

アフガニスタンから帰国後、スタジオ生出演。

2001年アフガニスタンの見えない難民を取材、支援したことで、テレビ朝日テレメンタリーに主人公として登場。

ギャラクシー賞受賞。

その他、アフガニスタン、イラク、シリアの現状について各地で講演活動を展開。

関連コース

あなたの好きなことを
発信してみよう!

「おけいこ.com」では、簡単操作であなたの趣味を仕事にすることができます。
講師登録を行い、早速自身の趣味を発信していきましょう!